1. ホーム
  2. 買い取り
  3. ≫高額での切手買取を目指すなら、業者選びが重要

高額での切手買取を目指すなら、業者選びが重要

もしもあなたが切手を買い取ったもらおうとする際には、シートとして組になった状態で売ることをお勧めします。なぜならその方がレートが高くなるからです。

そうはいっても、万が一、「バラしか持ってないよ」という場合でも、買取の際、工夫すればレートを高くできます。

その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。具体的な貼り方は、同じ切手料金の切手50枚を、A3サイズの紙(A4を二枚貼り合わせたものでもOK)に縦5行、横10列に並べて貼ります。レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、覚えていればいつか役立つでしょう。切手は紙製であるということから、実は扱いが難しいものです。
殊に熱や湿度の変化に弱く、買取時に価値を落とさないようにするためにも保存状態には十分配慮しましょう。

ストックリーフやストックブックを利用して、直接日の当たらないところで保存してください。

湿気も避けて保管しましょう。

出来る限り高額での切手買取を目指すなら、業者選びが重要で、金券ショップではなく専門の買取業者をチョイスし、そこへ売るということが、重要です。選択時に大事なことは、ウェブ上で口コミを見てみて、良い業者を数カ所選択して、各々の業者に値段をつけてもらい、高額となった業者に決めるのがベターです。収集した切手が大量にある場合、自ら業者へ持っていくのではなく、いわゆる「出張買取」という方法を使うことが、賢明な方法です。近年、切手の買取を専門としている業者もできて、さかんに出張買取を行っている業者も増えています。

出張買取のいい点は、店頭まで行く手間が省けるという点と、ゆっくり時間をかけ、査定を行ってもらえるという点です。

切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行者も理解していて「切手」というもの自体にはそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、折に触れて記念切手が発売されます。その様な記念切手は高価買取される場合もありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものはそう高く売れることはないです。

あまり期待しない方がいいですね。

書き損じた葉書の交換は、誰でも行ったことがあるでしょう。

そのとき切手に交換した方が、葉書に換えるより高く売れるのです。買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるようにシート単位で引き換えることを意識して交換しましょう。

そして、売るときには、買い取る店ごとに買取価格が異なることを頭に置いて、手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね買取価格が一番高かったところで最終的に話を持って行くのは当然です。普通は、切手は郵便物を送る際に消印を押されて使われた後は不要になります。けれども、その様な使用済み切手であっても、もしもデザインだったり、希少性だったりに価値があると認められた場合、高価買取してもらえる場合もあります。万が一、あなたの手元にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、古切手の買取を行っている業者の査定を受けることをおすすめします。

切手を売りに出すとき、多くは、切手の元々の金額からいくらか引いた値段で買取が成立することが殆どです。

しかし、切手にもいろいろあり、その中にはコレクション的な価値を持つものもあり、高く買取してもらえる場合もあります。

あなたが買取に出す切手の価値はそれなりに認識しておいた方がよさそうです。知らない人はいないと思いますが、切手はあらかじめ、ふつう、郵便物に使う形に一枚ずつ分かれているわけではありません。元は何枚かの切手がまとまった状態の切手シートの形でプリントされます。

切手を買い取ってもらう時、もちろん切手シートの形でも買い取ってもらえ、バラ切手での買取よりも高値での買取になりやすいです。

グリーティング切手というものは、キャラクターが載っていたり、装飾の切手を指します。
一般に使われる切手とは形も違って様々なものがあります。
通常の郵便物もこれがあるだけで華やかになる効果もありますし、コレクターズアイテムとしても価値があるものなので、人気があり、高い値段での買取というものもあり得ます。