1. ホーム
  2. 買い取り
  3. ≫金相場や買取価格を確認し、複数の店の情報を見て比較する

金相場や買取価格を確認し、複数の店の情報を見て比較する

これまで金の買取を利用したことがない場合、どこのお店に持ち込めばいいのか慣れていないと悩む人が多いみたいですね。わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは利用客としては当たり前の話です。

お店選びの最もわかりやすい基準は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。

ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるということです。これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。昔もらったけど今ではもう使っていないようなアクセサリーや腕時計といった金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、一番高く売れるのはどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、よく調べて、有利な店を探してください。お手持ちの金製品を買取に出す際、留意すべき点は、買取価格の相場を把握することに尽きます。

少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。

店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるというケースが多くなっています。

入念に相場をチェックして、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

純度によって額は下がります。例えば18金なら、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。これがさらに10金だとどうでしょうか。10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。
実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。
買取にかかってくる様々な手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することをオススメします。

貴金属の買取を受け付けているショップも最近は増えてきましたので、実際にその品物が何円くらいになるのか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人が主に利用しているようです。

久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。

気になる買取金額も、思ったより高かったので、結果的には正解でした。

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。
大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。それでも、どうしても不安なら、最初から現金にして銀行に預けておくのが良い方法だと思います。