1. ホーム
  2. 買い取り
  3. ≫切手買取も、業者によって価格はかなり違います

切手買取も、業者によって価格はかなり違います

良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だったりすると、買取価格が驚くような額になることもあります。そういったレアな切手では、まず第一にしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。

店舗のみならず、ネットを利用することも可能で、値段を教えてもらってから、買い取ってもらうかどうするか決断を下すということが可能です。切手は昔からメジャーな趣味の一つで、裾野を広げており、買取市場では、意外なものが額面には関係なく高価な金額を提示されることも珍しくありません。
切手買取も、業者によって価格はかなり違います。ですからできる限り高い買取価格で手持ちの切手を売ろうとすれば、査定は無料なので、何軒かの業者に見てもらい買取価格の最高値を調べるのが正解です。長期間にわたって、ずっと切手集めをしている方にとっては買取に出してしまうということは自分の子との離別のような気持ちになってしまうのかもしれないです。どうせ離れ離れになってしまうのなら、出来れば高く買い取ってもらえるところへ探した方が賢明です。

同じ手離すにしても切手にとってはそうしてくれた方が本望だろうと思うからです。
破れてしまったお札を銀行で換えてもらえるというのは有名ですが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。

郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。

ならば、切手が破れたらどうしたらいいかというと破れ具合がひどすぎるものはだめですが、ほんの少しだけ破れたくらいで十分に額面が見えるような切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。切手の額面以外の価値は売買需要のバランスによってダイナミックに変わっていきいつも同じというものではありません。
この現状で、切手の売却を考えたとき一円でも高く売りたいと思うのが当然で、買取の相場をまめにチェックするか、買取店に行き、何回でも査定をお願いするという手間を惜しまないでください。

いらない切手を売りたいときは切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのが賢明だといえます。

何といっても切手に対する商品知識は豊富ですし、希少価値があれば高く買い取ってくれます。金券ショップなども、切手を買取しますと掲げていますが、切手に関しては一般的な知識しかない業者が多く、額面と現況くらいの評価で価格を決定するしかないので結局損をするケースが多いのではないでしょうか。

お宅に届いた郵便にあっと驚くような希少価値の高い切手が使われていることがあります。そういった切手だった場合は業者に売ることをお勧めします。
「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、全く使っていない切手と比べると安く売ることになります。

切手があって、それがもしも価値の高いものであったら、売買に出してみましょう。お値打ちの切手が潜んでいる可能性もありますよ。
切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは買い取ってもらいたい場合もあると思います。

その時は買取専門業者へ送付しそこで査定をしてもらうというやり方もあります。使い道がなければ売ってしまうといいと思います。案外、高く売れるかもしれません。

是非試してみましょう。額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。

それならば、入手したときの状態を保って精一杯の値段で付加価値付き切手を売ることに挑戦するならば、どのように保管していけば一番いいか、チェックを怠らないでください。

グリーティング切手というものがあります。

これは、キャラクターの載っているものや装飾の切手を指します。

形についても普通の切手とは違っていてとてもバラエティーに富んでいます。
郵便物を華やかにする演出をしてくれる効果もあり、切手収集をする人にとっても需要が高いものなので、人気があり、高額での買取の可能性もあるでしょう。