1. ホーム
  2. 買い取り
  3. ≫切手を売るつもりだが価値が判断できないという時

切手を売るつもりだが価値が判断できないという時

大体のケースではその切手の状態の如何により本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手の買取の時の価格になるでしょう。

ですが、収集家に人気の切手は、付加的価値がついており切手料金を超える価格となることもあります。

切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはネットで探してみるか、切手を買い取ってくれる業者に査定を依頼しましょう。

切手のような多数収集することが多いものは、そうして集めたものをまとめて一度に業者にて店頭買取に出した場合は査定のため時間がかかるので待ち時間が長くなることがあります。それに比べて、切手をネットで査定してもらう方法は家に居ながらにして、何をしていても手続きしてもらえるので、大変効率的な方法です。
使い終わった切手に値がつくはずがないなんて思っている方も多いと思いますが、案外、予想外の結果になるかもしれません。

とりわけ、古くても保存の状態が良好で収集家にとって魅力のあるものなら、たとえ使用済み切手であったとしても売れることがあります。
もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであればまずは切手買取業者に連絡をしてみることをお勧めします。

従来の切手の買取というものは一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、昨今は、買取のために出張や宅配に応じる業者も少なくありません。

売るつもりの切手はあるが大量だという場合、店に持っていくだけでも大変です。そして、買取のお店から距離のあるところに住んでいらっしゃる場合、交通費をかけて長時間かけて来られるよりも、出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。レアものなど、ちょっと高く売れそうな切手なら、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、査定の時には現状を見られて当然ながら、買取価格がかなり変わります。それを念頭に置き、今の状態をキープしながら売れる限りの高値で手持ちの切手を買い取ってもらおうとすれば売るときまで、切手の保管状況にチェックを怠らないでください。

切手を買い取ってほしい時、バラよりもシートの状態の方が高値が付きます。けれども、例えば、「バラしか持ってないよ」という場合でも、少しでもレートを上げるためにできることがあります。どうしたらいいのか?簡単です。

台紙に貼ればいいのです。どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。

それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますので記憶に留めておいてください。

郵便料金が変わって使わない切手が出てきました。金券ショップあたりに持ち込んだら相場があるのでしょうか。シートなど、まとまった数があるので古いものも案外価値があるかもしれず、郵便局で引き換えてもらうより高値で売れれば何か買おうと少し期待して最近の悩みの種です。他の人がほしがる切手はどれなのか調べるのは難しいですよね。さっさと全部売りたいのです。

実際に切手を買取してもらう場合、直接買取業者に切手を持っていくという方法以外にも「宅配買取」してもらう方法もあります。
その方法を利用する時には宅配でかかる送料が心配かもしれませんが、無料にしてくれたり、中には梱包材の準備まで行ってくれる買取業者も少なくないのです。
けれども、買取に出す切手の枚数が少ない場合は、この限りではありませんので、注意しましょう。

集めた切手を売ろうとするとき気がかりなのはいくらで買い取ってもらえるかということです。

とりわけ、人気がある切手では高価格で買い取ってもらいやすいので出来る限り高い値段で、切手を売ることを希望するのなら市場の需要を分かった上で、提示の買い取り金額の妥当性を判断しなくてはならないでしょう。

切手というものは「郵便料金を支払いましたよ」ということを証明するもので、郵送したいものに貼って使います。

切手一枚一枚ごとに、いろいろな絵柄が描かれたものが販売されており、往々にして一枚一枚は比較的手ごろな価格で手に入れられますから趣味のコレクションとしてはお勧めです。もし切手収集をしていて、要らない切手が出てきたら、買取に出してしまうというのも一つの方法です。