1. ホーム
  2. 買い取り
  3. ≫切手の買取の場合、切手シートの状態だったとしても買取できる

切手の買取の場合、切手シートの状態だったとしても買取できる

皆さん知っていると思いますが、本来、切手は普段郵便物に貼るような形に一枚一枚バラバラに分かれてはいないです。初めはその様な切手が数枚まとまった、いわゆる「切手シート」として印刷されます。

切手の買取の場合、切手シートの状態だったとしても買取でき、ひとまとまりになっていない切手の買取より高価買取が実現しやすいでしょう。

何かしらの記念日に記念切手が出回るなど、切手というものは、いつ取り扱われるかによって一枚一枚の市場に出回る量もかなり変わってきます。そのことによって、買取の金額もかなり上下しますので、少しでも高い値段で買い取ってもらうにはいつ切手を買取に出すかも重要なファクターです。
ご自宅に切手コレクションの遺品が遺されている場合や、使わない切手をお持ちなら、切手の売却を計画する方もおられると思います。
もしもそうなった時、重要なこと、それは買取業者をいかにして選択するかです。よほどの専門家でなければ、殆どの方が詳細は分からないと思うので、実際に行われた切手買取の実績と、口コミはどうなのかも鑑みて、業者をどこにするか選んでいくといいと思います。
従来の切手の買取というものは買い取ってもらいたい切手を業者に直接持っていく、いわゆる「店頭買取」が一般的だったのですが、近年は要求に応じて出張や宅配での買取を行う店も増加しつつあります。もしも売ろうと思っている切手の量が多い場合、店頭へ運ぶのは骨の折れる仕事です。

そして、家から店が遠いという人は交通費をかけて長時間かけて来られるよりも、買取のために出張や宅配を利用した方がいいと思います。
何かを買い取ってもらう時に注意することは、どうやって保存してあったかが重要ということです。切手の買取についても同様のことが言えて、色が褪せているものや破れているものは買取価格が安くなってしまいますよね。
市場にあまり出回っていない切手ならコレクターの需要もあるかもしれません。もし自分は無関心だった場合、ぞんざいに扱ってしまいやすいですが、取り扱う場合には注意をしましょう。切手は紙製であるということから、思ったよりも扱いに注意が必要なものです。

中でも特に、熱や湿気に影響されやすいので高値での買取を実現するためにも、気をつけて保管しなければなりません。ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、直射日光を避けて保管してください。湿気が多い場所もやめてくださいね。

多くの切手買取業者では通称プレミア切手という切手も買い取っています。

「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。これは、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。

なかなかないものなので、シートとしてでなくバラであっても高価格での買取になる確率が高いです。お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、気がつくと意外に貯まっていました。

私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。

不要な切手は金券ショップで換金できると知って、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。

簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、思っていたよりもいい値段で売れたのでラッキーと思いました。切手を買い取ってほしい時、とりあえずは、情報を集めて高価買取業者を探すのが賢い方法です。
そこで便利なのは口コミサイトを使うことです。

記載してある意見は実際に使った人達のものなので、業者選択の際の一助となるます。そして、業者の信頼度をはかるための大切な情報の一つにもなるため複数のページで比較検討してみるのがいいと思います。切手とは、郵便料金の支払いを示すもので、送りたいものに貼って使われるものです。

さまざまな切手があり、様々なデザインのものが売られていて、大抵の場合には、一つ一つの値段はそんなに高価ではないためコレクション的に楽しむには最適です。切手集めをしている時に、要らないような切手があったという場合、買い取ってもらうのもいいと思います。