1. ホーム
  2. 引越
  3. ≫愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。

愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。

愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。なので、住むところを変える際にはどうしてもペット可のマンションでないと困るので、意地でもなんとか探せるよう、努力しています。

さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどペット用の設備が整っているマンションが望ましいと考えています。そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなっても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。

引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。中でも特に水を使えるようにしておくことは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。水はいつ頃使えるようになっているとベストかというと、これは、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておき余裕をもって、引っ越し当日の一週間程前に水が出るようになっているなら、一番良いです。

何かをサービスを受けてすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人が多いです。大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに感謝をこめていくらか手渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。これらは、全く必要ないことではありますが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとって素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。

どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。

引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。
引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。

当然、計画通りに進められるのなら理想的ではありますが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、できるだけ、家具や家電などには傷がつかないような工夫をしたいところです。

新居のためのインテリアとして購入したおしゃれな家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って丁寧に、運搬したいものですね。きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、ガッカリしてしまうでしょうね。

この前の土日で、引っ越しを済ませました。引っ越しを終えた日に夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。

その後、思い切って奮発し、特別なごちそうとしてピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきてみんなでささやかな乾杯をしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。
引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。

資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。手続きに必要なものは、印鑑ともう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し申請をしてください。面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。

安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけではありません。近所との関係も住環境を構成しています。

住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶を欠かさず行ってください。ちょっとした手土産を携えて挨拶回りをした方が良いです。長々と訪問する必要はありませんから良い印象が伝わるようにしましょう。
どんな人間関係も、第一印象で決まります。

新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なくてはならないアイテムと言いますと、まずはダンボールです。荷物を運ぶには、梱包しなければなりませんが、この時にダンボールが必須です。

軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が作業をスムーズに進めることができるでしょう。かなり大量に使用することになりますから、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。

ダンボールはネット通販やホームセンターで購入できます。

また、スーパーなどでもらってくることもできるのですが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。

この方が作業効率の点から見ても良いようです。

もう今時は、だいぶん廃れてしまったようですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といったことを昔からしてきました。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけてぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかつぐ意味合いと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですとダジャレも仕込んで引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。

フィリピンからの送金と荷物について 主人がフィリピンに単身赴任しています。 す…
フィリピンからの送金と荷物について 主人がフィリピンに単身赴任しています。 すでに先にフィリピンで働いてる日本人が言うにはフィリピンから日本に送金は不可能ということで、その人達は日本に帰る時に一緒に持って行っているそうです。 ですが、送金が不可能なわけない、と調べてみたんですが、どうも信用できないとか、送金したがらないとかでよくわからなくなってきました。 マニラからはちょっと離れた?ラグーナ州にいるんですが、安全に日本に送金する方法はないのでしょうか? あと、日本から荷物を送ることに関してなんですが、引っ越しの荷物は業者さんを通したので、リストを書いて、食べ物やサプリも一切だめということで入れなかったんですけど、個人的に送るにも同じようにリストを事細かに書いて食べ物(インスタント麺とか粉のサプリなど)も書いたら送れませんって言われるのでしょうか? 詳しい方教えてくださいm(_ _)m(続きを読む)