1. ホーム
  2. 引越
  3. ≫引っ越しも単身世帯だとベッドか布団かは悩む

引っ越しも単身世帯だとベッドか布団かは悩む

細谷 浩司 – Meiji.net(メイジネット)
1989年に社内の海外研修制度を利用し、長男出産直後の妻に無理を言い、香港で1年間、単身赴任で初めての海外生活を経験しました。この年 … 中国国内のお客様宅での海外引越作業では、公安関係者が後ろに立ち、終始その監視下で働くといった時代でした。 …. 1984年 明治大学政治経済学部 経済学科卒業 日本通運株式会社入社 日本通運鹿島港支店 1988年 日本通運東京海運支店 1989年 香港日本通運 海外研修 1990年 日本通運東京海運支店 2001年 タイ王国赴任 2009年 日本通運東京国際輸送支店(続きを読む)

引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。ワンルームに引っ越すとすると、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。

それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという話も耳にします。
余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして割り切って始めてみてもいいかも知れません。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。

この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由です。実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を耳にすることもありますが、さまざまな手続きが煩雑であるということが不満だ沿うです。

例えば、電気や水道、市役所など、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。
ですから、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画をたてて作業をこなしていく必要があります。引っ越し先がごく近距離だったら家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。
やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらをコツコツ新しい住居に運んでしまいます。

何回も、時間を使って少量ずつ運べばあまたの荷物を運ぶ事が出来るのです。

沿うはいかない大型家具については、トラックを借ります。
このレンタルトラックで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。こうすると、引っ越し費用はだいぶ節約する事が出来るのです。地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。理由は進学や就職と様々ですが、毎回苦労するのが荷造りです。そこでわかったことですが、単身者の引っ越しだったら、値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈な荷物になります。
スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても強度の差は明らかです。
頑丈な荷物を造るためにどうしても必要ですから、使うことを強くすすめます。
引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、元の家や引っ越し先の隣人に対して忘れずに挨拶するのが新しい土地で上手くやっていくコツだと言えます。実際に挨拶に行かなかったせいで隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。

生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人には、可能だったらきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。
一人で移動するのではなく、一家が転居するとなるとなんだかんだと、引っ越し当日はやるべ聞ことに追われて、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にでき沿うなことは済ませておけば安心できるのです。ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は最優先事項ですが、荷物の中でも、引っ越し当日まで使い沿うなものは、他のものに紛れないように、取り出しやすくしておくことも大事です。

引っ越しには慣れていると思います。

いつガスを止めたら良いかとよく聴かれます。今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。

何度引っ越ししていても、引っ越しの前には気力も体力も消耗するので引っ越しする前日の夜に温かいお風呂をゆっくり味わい疲労を回復指せたいのです。また、当日寒くても温かいものが飲めると、気持ちが休まるのです。

最近、引っ越ししました。

準備をしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで仕分けが大変でした。

とりわけ服は何年も着ていないものばかりでした。

そんなわけで、引っ越しのために仕分けして処分することになり、引っ越しの荷物も、自分自身もスッキリしました。

新しい住まいを決める事ができましたら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、引っ越しまでの大まかなプランをたてておきたいところです。新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタート指せると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。ですが、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて予定に間に合わなくなることも考えられます。
やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず片付けていけばきっと間ちがいはないでしょう。

洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。

引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたので業者に即、電話を入れました。

水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていてそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で運んできてしまった、ということです。

他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次回からは気を付けたいです。

引越し費用と引越し業者について。 来年3月末に宮城県仙台市~山形県山形市に引っ…
引越し費用と引越し業者について。 来年3月末に宮城県仙台市~山形県山形市に引っ越します。 今までは旦那の会社が引っ越し業者を指定して引越し費用も全額負担でしたが 今回は旦那は仙台に単身赴任、 私と3歳~7歳の子3人で親元へ引っ越すため全額自腹になります。 距離は70kmぐらいなので月2回ぐらいミニバンに積めるだけ荷物を積んで 徐々に運んでます。 引越し業者には大きめ(高さ2mぐらい)の食器戸棚+4段のタンス1竿+ 5段のタンス1竿+室外機1つ+ママチャリ1台をお願いしようと思ってます。 業者は、サカイか日通を考えてますが、どちらが安くて丁寧でサービスいいでしょうか? また、だいたいどのくらい費用かかるのか、教えて下さい。(続きを読む)