1. ホーム
  2. 引越
  3. ≫ご自分の車がある方は引っ越しのとき車も

ご自分の車がある方は引っ越しのとき車も

学校の転校手続き | 引越し裏技ガイド -各業者の見積もりを徹底 …
この場合、高校生の子どもがいた場合には、多くの人が単身赴任を選択します。単身赴任に伴う手当が支給される場合には、そのほうがよいでしょう。 しかし、単身赴任手当も住居手当も支給されないのであれば、高校生の子どもであっても転校を止む無くされる …(続きを読む)

ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更の届を出さなくてはなりません。

そのときナンバープレートも変更になるかと疑問に思うでしょう。

引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。

引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバープレートはそのままで良いのですが、異なる陸運局の管轄であれば当然、ナンバープレートも変わります。早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として持って行く物と持って行かない物の選り分けを進めていくと、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。
家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについては普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、まず自治体に処分方法を尋ねてそれに則り、処分するようにしましょう。

粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、段取りよく処分していきましょう。もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行なう必要があります。ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。

印鑑、国民健康保険証と、加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きをします。誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、忘れずに転居届を提出する必要があります。引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら通常のサービスを使って引っ越すより、荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと比較的安く引っ越せます。

専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く荷物が少ない人しか使えないという先入観をもたれますが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。コンテナに荷物が入りきれないならば、宅配便など、他のサービスを使ってみてください。コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる運搬専用の衣装ケースがありますから、これによって衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。

こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですが引っ越し用の衣装ケースを利用できると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。
運搬先でも、今度は衣装ケースから衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。
新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つネット環境をどう整えるか、というのも事前に解決しておくべき重要事項です。

プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのならこの機会に解約を考えてみましょう。
でも、特に不満もなく、このままでいい場合は、今までの契約は維持し転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。

そしてもしも、転居先にネット回線がなかったら設備を新設する工事もしなければいけなくなります。時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。転居すると、いろいろな方面に届け出ますが今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。

例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か把握しなくてはなりません。今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。

同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。

自家用車を使って、運べるだけの荷物は日数をかけて運んでいくようにします。

時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。
大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。
なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をだいぶ節約することができます。引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。

それらの中でも、特に大事なものと言えば運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類としてよく使われているということもあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。でも、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。なので、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと手間が省けるのではないでしょうか。
まだ社会に出たばかりの頃に仲の良い友達と共同生活していました。

ペット不可のアパートが圧倒的に多く猫と一緒に住みたい友達は猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。

不動産屋さんにも何度も問い合わせてようやっとペット可の物件を見つけました。すぐに入居でき、私も、友達も、猫も満足できました。
単身赴任の引越しについて、住民票は転出、転入の手続きをカットすることにしまし…
単身赴任の引越しについて、住民票は転出、転入の手続きをカットすることにしましたが、電気・水道・ガなどのライフラインの異動手続きについて、 「転出」は家族が現住所に居ますので要らないと思いますが「転入」の手続きを簡素化する方法を教えてください。東京電力の「引越れんらく帳」システムは「転入」だけでも使えるのでしょうか?ちなみに大阪府寝屋川市からさいたま市浦和区への単身引越しです。(続きを読む)