1. ホーム
  2. 引越
  3. ≫いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが

いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが

初めての一人暮らしの引越手続きリスト!結婚や転勤時の …
単身赴任の場合は、初めて一人暮らしの引っ越しとあまり変わりがありませんが、 家族で引っ越すとなると俄然手続きが増えます。 転勤によって家族で引っ越す際の必要な手続きをリストにしました。 引っ越しが決まったら、 ・賃貸物件なら、管理会社に連絡する(続きを読む)

いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては引っ越しが人の一生の中でも転換期になり得るわけですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも予想しておく必要があります。引っ越し当日はみんな忙しいのに、そこでたくさんのことを処理しようとして何か一つが狂ってしまうと全体の予定が狂ってしまうこともあるので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。

はずかしながら、自作の陶器でしたから、とてもショックを受けてしまいました。
とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、クレームをつけることはしなかったです。以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。
引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。
ロフトなしワンルームであれば、ベッドがあると相当狭くなります。
また、専門業者の腕を持ってしても新居の入り口からベッドを入れられないなどの話も耳にします。
引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を割り切って始めてみても意外と楽かもしれませんよ。
住民票の移動と連動する手続きの中で大事なのが運転免許証の住所変更届です。運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を窓口受付時間内に提出し、届に記入すれば手続きは完了です。

引っ越しに無駄なお金を使いたくなければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、それはちょっとできない、という場合は荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば大体いくらぐらいになるかわかります。

あの業者ではいくらだったと伝えると安くしてくれる業者もいるため時間が許せば5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。

そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、部屋のエアコンをどうすればいいか、という困った状態に陥ってはいませんか?エアコンは扱いが難しく、自分で取り外すのは難しく、でしたら購入した電気屋さんに依頼するか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、さらに、転居先において、取り付け工事はいつどうするのか、など、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。

エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談し、利用を考えてみるのも良いですね。
単身世帯の引っ越しでは、通常のサービスを使って引っ越すより、単身者専用のサービスを探してみると予算面ではかなりお得です。このようなパックは多くが専用コンテナを使っており運べる荷物は多くないというイメージを持つでしょうが、結構多くの荷物が収まるものです。若干荷物がはみ出すようなら、同じ業者のサービス、例えば宅配便などで送ると良いでしょう。賃貸の部屋から引っ越しをする場合、部屋を出る前にきちんと掃除をしておきましょう。具体的に何か、良い効果があるなどと到底、言えないのですが、ただ、管理人の印象は、かなり良くなるはずですから、敷金返還のことなどについて良い影響があるかもしれません。さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり修理が難しいほどの破損などは、放置した方が良いでしょう。あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。数が多いので困ってしまいますが、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら全国に支店のある大手にしておくとまず間違いのない選択となるでしょう。

あえて業者名を挙げてみますと、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。こういった大手は、規模が大きいだけあって利用する客が大勢います。

引っ越し会社としての仕事を相当こなしてきているのです。

それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる安心して引っ越しを任せることができるでしょう。

引っ越しをすると、どうしても要らないものが出てきます。

こういった物を買い取るサービスを行ってくれる引っ越し業者が出てきて、ずいぶん好評のようです。たんすやクローゼットのような収納家具から、バッグなどのブランド品だったり、それからソファーとかの応接セットなど、引っ越しの時に出てくる不用品の種類は様々です。種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の業者を選んで利用すると、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、いろんな種類を受け付けてくれ、どこか他の買取先を探す手間がかかりません。

単身赴任で名古屋か東京に住むことになりそうです。以下のような契約をしています…
単身赴任で名古屋か東京に住むことになりそうです。以下のような契約をしていますが、自宅ではもうネットを使わないのでネットだけ引っ越せるといいのですが、可能なのでしょうか。 電話は残したいです。電話番号を変えたくないです。 ーーーー フレッツ光ネクスト利用料 ひかり電話 ナンバー・ディスプレイ OCN光withフレッツ(続きを読む)